無症状からの感染について

無症状からの感染については、執筆を躊躇していました。 理由としては、専門家の間で意見が分かれていたからです。 結論としては、「無症状からの感染はほとんどない」となります。 つまり「咳もくしゃみもしない人がマスクを着けてもほぼ意味が無い」ということになります。 無症状患者からの感染と言うのは…
コメント:0

続きを読むread more

東京の危険度について

東京は、たしかに検査数が多くなったせいで、陽性患者が多く出るようになりました。 しかし、これは出過ぎですね。 どれくらい危険な状態かを他の国と比べてみましょう。 アメリカの陽性患者が累計で3万3-4000人で、人口は3億3000万人ぐらいです。 計算すると、だいたい100人に1人がかかった状態です。 そして死亡者が多く…
コメント:0

続きを読むread more

PCR検査を国民全体にするべきかどうか

結論から言いますと、日本の全国民にするのは間違いです。 あくまでも、感染者の割合が高い地域(例えば夜の街)に限定すべきです。 これは、計算自体は小学生でも出来るのですが、意味の分かりにくい理論です。 「事前確率」と「事後確率」・・・何だこりゃ?と思ってしまうほど意味の不明な単語です。 この言葉を使うと余計にわかりにくくなるの…
コメント:0

続きを読むread more

夏期講習のお知らせ

苦手科目・苦手単元のある生徒、また受験生にとって、貴重な夏休みが始まります。 普段は学校の授業についていくことを重視しなければなりませんが、夏休みはその必要がありません。この時期に、一気に苦手をなくしてしまいましょう。 ☆期間:7/24~8/31(本年は夏期休業なし) ☆時間:午後4時~午後10時 ☆料金 【小学生】 …
コメント:0

続きを読むread more

選挙対策の副作用か、東京都第二波の恐れ

東京都で連日200人超えの感染者を出しています。 100人程度ならまだ検査数の多さが起因だと言えたのですが、この多さに専門家から「第二波」の可能性が指摘されています。 もっとも多い場所は新宿区と豊島区(池袋)ですが、これはご存知でしょうが、集団検査によるものです。 ホストクラブなどは、たとえ陽性者が出ても、罹患したメンバーだけ…
コメント:0

続きを読むread more

東京での感染者は特に増えていない

このところ東京で連日100人超えの感染者が出ていますが、結論から言って、心配ご無用です。 専門家の話によると、単純に検査数が6-7倍に増えているため、多くの感染者が見つかっているだけのようです。 データは以下の通り。 検査数が増えれば、判明する陽性者の数が増えるのも道理。 感染者それぞれを良く見ても、無症状や軽症…
コメント:0

続きを読むread more

職場からの感染がとても多い

マスコミや政府は、印象操作で夜の街からの感染が多いように思わせています。 しかし実際は、職場や家庭からの感染が多いのです。 1月前ですが、神戸の場所別感染者の割合です。 https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202006/0013386671.shtml 家庭と職場で4割を超えていま…
コメント:0

続きを読むread more